カテゴリ
全体
研究関係
未分類
以前の記事
2006年 10月
2006年 09月
2006年 04月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 05月
2004年 12月
2004年 11月
フォロー中のブログ


MFA/SFA シンポジウム開催報告♪

「Symposium on Advanced Material Flow Analysis for Sustainable Society」

が、9月25-26日に開催されました。
僕が係ってきた長坂研のプロジェクトの外部への情報発信の一環です。

↓にHPを載せてあるのでご覧ください。

http://www.material.tohoku.ac.jp/~kankyo/MFAwebsite/



Symposium on Advanced Material Flow Analysis for Sustainable Society

September 25 - 26, 2006
Aoba-Memorial Union, Graduate School of Environmental Studies,
Tohoku University, Sendai, Japan

Sponsored by
RISTEX (Research Institute of Science and Technology for Society), JST (Japan Science and Technology Agency)
Co-organized by
Division of Environmental and Energy Technology, The Iron and Steel Institute of Japan


MFA (Material Flow Analysis)/SFA (Substance Flow Analysis) Research Project is now undergoing in Tohoku University, Nagoya University, Waseda University and the National Institute of Materials Science (NIMS) as a Contract Research Program "The Study on Sustainable Society" funded by RISTEX-JST. The main objective of this research are quantitative investigation in terms of flows of base materials, such as iron and copper, and associated diffusible substances, such as rare metals and so-called tramp elements in steel, in eastern Asia using the methods of MFA, SFA, and waste input-output analysis (WIO). It also aims the development of mathematical model that enables the prediction of static/dynamic and regional flow of material with element level. Some results of this project will be presented in this symposium together with invited lectures such as metal cycle or iron resource flow in eastern Asia, US or EU, methodology of MFA, etc. The subjects are focused on the flow of "Base Materials", in particular iron and steel and their related materials, in this symposium.
[PR]
# by kgonta1975 | 2006-10-05 12:22

第17回廃棄物学会研究発表会(北九州)

第17回廃棄物学会研究発表会(北九州) ・・・参加事前申込受付中!(9月29日まで)

1. 日程
  平成18年11月20日(月)~22日(水)の3日間
2. 研究発表会場
  北九州国際会議場(北九州市小倉北区浅野3-9-30) 

http://www.jswme.gr.jp/
[PR]
# by kgonta1975 | 2006-09-29 08:14 | 研究関係

第152回秋季講演大会 講演募集案内

1. 会期:2006年9月16日(土)~18日(月)
2. 会場:新潟大学(五十嵐キャンパス)

http://www.isij.or.jp/Koen/KoenAP/annai.htm
[PR]
# by kgonta1975 | 2006-09-07 18:47 | 研究関係

2006 ConAccount meeting

2006 ConAccount meeting
Dematerialization across scales: Measurement, empirical evidence, future options
September 13-14, 2006, Vienna, Austria

http://www.conaccount.net/
[PR]
# by kgonta1975 | 2006-09-07 18:46 | 研究関係

第7回エコバランス国際会議

第7回エコバランス国際会議-私たちの将来社会をシステム思考で設計する- 

日程: 平成18年11月14日(火)~16日(木)
場所: つくば国際会議場「エポカルつくば」(http://www.epochal.or.jp/)


第7回エコバランス国際会議では、人間社会の土台を支える「エネルギー」と「素材」に焦点をあて、将来社会の設計についてシステム思考をもって議論したいと思います。エネルギーや素材に係る技術・製品開発の将来ビジョンを描くためには、それらの技術や製品が環境や社会経済に与える影響を明らかにすることが求められます。新エネルギーやリサイクル等に関する事例研究を伴う新しいコンセプト、理論、分析ツールに関する報告を歓迎します。




http://www.sntt.or.jp/ecobalance7/2nd/Japanese/index.html
[PR]
# by kgonta1975 | 2006-04-14 08:14

第1回 日本LCA学会研究発表会

第1回 日本LCA学会研究発表会

第1回日本LCA学会研究発表会は平成17年12月1日(木)~2日(金)の2日間、(独)産業技術総合研究所つくばセンターにおいて開催されます。日本で初めて、様々な分野で活動するLCA関係者が一堂に会し、議論する国内学会です。LCAを中心とするライフサイクル的思考に関する幅広い分野における発表があります。

日  時: 平成17年12月1日(木)、2日(金)(2日間)

会  場: (独)産業技術総合研究所つくばセンター 中央事業所 共用講堂
       (茨城県つくば市東1-1-1 中央第1)
       地図は下記URL
http://www.aist.go.jp/aist_j/guidemap/tsukuba/tsukuba_map_main.html

詳細は下記URLから
http://ilcaj.sntt.or.jp/lcahp/academic_meeting.htm
[PR]
# by kgonta1975 | 2005-10-13 14:08

第16回廃棄物学会研究発表会(仙台大会)

第16回廃棄物学会研究発表会(仙台大会)
日程
平成17年10月31日(月)~11月2日(水)の3日間
研究発表会場
仙台国際センター(宮城県仙台市青葉区青葉山)


http://www.jswme.gr.jp/nenkai/
[PR]
# by kgonta1975 | 2005-10-13 12:49

日本鉄鋼協会秋季大会

日本鉄鋼協会第150回秋期講演大会(日本金属学会と共同開催)

毎年春秋に開催される鉄鋼協会行事の一つです。国内外より一般講演約600件/回、討論会講演約60件/回の発表があり、毎回1、500名以上の方々が参加しています。また、学術部会の企画による特定テーマに関する依頼講演を主体とするシンポジウムも併せて開催されます。

日時: 平成17年9月28日-30日
場所: 広島大学

http://www.isij.or.jp/
[PR]
# by kgonta1975 | 2005-08-30 08:33

2005年 日本金属学会秋期大会

日本金属学会秋季大会が以下の日程で開催されます。

会 期: 2005年9月28日(水)~9月30日(金)
会 場: 広島大学東広島キャンパス(東広島市鏡山1-4-1)

http://wwwsoc.nii.ac.jp/jim/
[PR]
# by kgonta1975 | 2005-08-30 08:29

エコマテリアル・フォーラム-設立総会・設立記念シンポジウム-

このたびエコマテリアル研究会(1993年発足、会長 山本良一)が12年間の活動に一区切りをつけ、今年4月より「エコマテリアルフォーラム」と名称を改め、発足いたします。

新規発会のご報告を兼ねて、5月12日、13日の2日間で、エコマテリアルフォーラム設立記念のシンポジウムおよび総会を開催いたします。

この機会に、ぜひともエコマテリアルフォーラムへのご入会をご検討いただければ幸いです。

主  催 : 社団法人 未踏科学技術協会 エコマテリアル・フォーラム

【開催日時】
2005年5月12日(木)~13日(金)

【開催場所】
タイム24ビル タイムプラザ (東京都江東区青海) 会場
【参加費】
 個人会員,学生会員:資料代3,000円(総会は無料)
 ユニット会員:無料(2名まで)
 法人会員:無料(5名まで)
 一 般:30,000円

エコマテリアル・フォーラムへの入会をご検討の方は下記URLをご覧ください.
 http://www.sntt.or.jp/eco/office.html
 
懇親交流会費: 5,000円(当日徴収させていただきます)
参加定員: 150名(定員になり次第締め切らせていただきます)
申込受付: 参加申込についてはHP(http://www.sntt.or.jp/eco/symp050512.htm#apply)をご覧下さい
その他:  当日にエコマテリアルフォーラムへの入会手続きができます。
参加費は、5月12日と5月13日の2日分です。
総会は会員限定です。総会のみ参加される場合は、資料代は不要です。

プログラムは↓こちら
http://www.sntt.or.jp/eco/symp050512.htm
[PR]
# by kgonta1975 | 2005-05-09 13:34 | 研究関係

日本金属学会2005年春期大会(鉄鋼協会と共同開催)

日本金属学会2005年春期大会(鉄鋼協会と共同開催)
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jim/

会 期: 2005年 3 月29日(火)~3 月31日(木)
会 場: 横浜国立大学保土ヶ谷キャンパス(横浜市保土ケ谷区常盤台)


講演申込および概要原稿提出期限
インターネット講演申込
公募シンポジウム 11月1日(月)13時~12月1日(水)
一 般 講 演 11月15日(月)13時~12月15日(水)
共同セッション 11月15日(月)13時~12月15日(水)17時
ポスターセッション 11月15日(月)13時~12月15日(水)17時 郵送不可

講演申込ホームページアドレス
http://biz3.bioweb.ne.jp/jim/convention/2005spring/
概要原稿締切 2005年1月21日(金)必着(一般講演・シンポジウムは郵送提出)
[PR]
# by kgonta1975 | 2004-12-01 09:33 | 研究関係

日本鉄鋼協会第149回春季講演大会

日本鉄鋼協会第149回春季講演大会(日本金属学会と共同開催)
http://www.isij.or.jp/

毎年春秋に開催される鉄鋼協会行事の一つです。国内外より一般講演約600件/回、討論会講演約60件/回の発表があり、毎回1、500名以上の方々が参加しています。また、学術部会の企画による特定テーマに関する依頼講演を主体とするシンポジウムも併せて開催されます。

会期:2005年3月29日(火)~31日(木)
会場:横浜国立大学(工学部キャンパス)

一般講演募集案内(第149回春季) 
申込・原稿提出締切日:平成17年1月6日(木)
鉄鋼とその周辺分野の学術・技術に関連するオリジナルな発表を募集します。

討論会募集案内(第149回春季) 
申込・原稿提出締切日:平成16年12月14日(火)
時流に即した研究および商品開発の発表、討論の場として討論会も開催されます。

予告セッション(第149回春季) 
申込・原稿提出締切日:平成17年1月6日(木)
学術部会では、ねらいを絞ったセッションをあらかじめ用意しました。関連研究をされている方々は、是非ともこの機会に成果を発表し、討論にご参加下さい。

共同セッション(第149回春季) 申込・原稿提出締切日:平成17年1月6日(木)
近年、構造用金属材料の結晶粒超微細化に関する研究が国内外で極めて活発に行なわれるようになっています。そこで、本会と(社)日本金属学会とが連携し、より深い議論が出来るように、「チタン・チタン合金」、「超微細粒組織制御の基礎」をテーマにした共同セッションを開催いたします。
なお、共同セッション原稿につきましては、日本鉄鋼協会、日本金属学会の両会の予稿集に掲載されます。

学生ポスターセッション(第149回春季)
多くの学生に春秋講演大会への参加と発表の機会を提供するために、学生ポスターセッションを開催しています。ポスターセッションでは年令や職業をこえて活発な対話ができ、発表者にとっても得ることが多い場であると思われます。多くの方々のご参加をお待ちしています。
[PR]
# by kgonta1975 | 2004-12-01 09:31 | 研究関係

エコプロダクツ2004

エコプロダクツ2004(http://eco-pro.com/)

日時:2004年12月9日(木)~12月11日(土)
場所:東京ビッグサイト

ちなみに僕は、NIMSのブースで『環境に適合した材料・製品を選択するための評価指標』ってポスターの前におります。

あと、9日にはシンポ(エコマテリアルガイドラインⅢ 高リサイクル性指標)を開催します。
[PR]
# by kgonta1975 | 2004-11-16 16:51 | 研究関係

第7回エコマテリアル国際会議

第7回エコマテリアル国際会議
The 7th International Conference on ECOMATERIALS ( ICEM7 )

◆開催趣旨
エコマテリアル研究が始まってから15年が過ぎ、その概念の 広まりと多様化には目を見張るものがあります。そのような中で開催される第7回エコマテリアル国際会議は、第2回(1995年)の西安、第5回(2001年)のホノルルに次いで3回目の海外開催となります。また、第6回に続いてIU-MRSとの共同開催でもあります。
 今回の会議では、エコマテリアルの研究・開発成果や将来に関するセッションに加え、燃料電池などの次世代低環境負荷システムと関係する材料や、ナノテクノロジーの環境・社会リスク、アジア地域に目を向けた社会技術としてのエコマテリアルなどについての討議を新たに企画しております。これは、多様な視点から最新のエコマテリアル研究について議論するに最適の場として、また、参加者により魅力的な会議であるようとの意図です。皆さまの積極的なご参加をお待ちしております。

◆会 期 2005年7月3日(日)-7月8日(金)
◆会 場 シンガポール /サンテックシンガポール国際会議場
 Suntec Singapore International Convention & Exhibition Centre
 (1 Raffles Boulevard, Suntec City, Singapore 039593)  URL: http://www.suntecsingapore.com/
会場の「サンテックシンガポール国際会議場」は、チャンギ国際空港から、約20分の距離にあります。ビジネスの中心地に近接しており、500以上のショップやレストランが集まるマリーナスクエアの中心に位置しています。シンガポールの歴史的なランドマークへも徒歩圏内にあります。オフィシャルホテルのパンパシフィックホテルへはスカイブリッジを通って直接行けます。
◆セッションテーマ
1.燃料電池・二次電池システム用材料のエコデザイン
2.ナノテクノロジーと環境・社会リスク
3.アジア圏のマテリアルフローと技術開発
4.エコマテリアル概念と新たなる展開
◆お問い合わせ・連絡先
< ICMAT&ICAM2005全体、参加登録・支払方法については>
ICMAT&ICAM2005事務局
Material Research Society of Singapore
c/o Institute of Materials Research and Engineering, 3 Research Link, Singapore 117602
Tel: (65)-6874-1975/ 6778ー1036 , Fax: (65)-6777-2393
Email: icmat@mrs.org.sg, URL: http://www.mrs.org.sg/icmat2005/

< プログラム・日本からのパッケージツアーについては >
第7回エコマテリアル国際会議 日本側事務局
(社) 未踏科学技術協会 エコマテリアル研究会
事務局 羽生田繭美、末次若子
〒105-0001 港区虎ノ門1-2-10虎ノ門桜田通ビル7階
Tel: 03-3503-4681,  Fax: 03-3597-0535
E-mail: ecomat@sntt.or.jp, URL: http://www.sntt.or.jp/eco
[PR]
# by kgonta1975 | 2004-11-16 16:47 | 研究関係

「エコマテリアルガイドライン(III)-日本初 『高リサイクル性指標 (試案)』が完成-」

「エコマテリアルガイドライン(III)-日本初 『高リサイクル性指標 (試案)』が完成-」

循環型社会を目指す取り組みの中で、現在様々なリサイクル性指標が用いられていますが、残念ながらそれぞれがそれに係る製品などのリサイクルの特徴を数値化したもので、材料や製品間の選択や国全体としてのリサイクルの効果の評価などでは様々な不十分点を残しています。そこでエコマテリアル研究会では、材料や物質循環にかかわる第一線の研究者を集めて、今後の国内のリサイクル指標の基準ともなりえる「高リサイクル性指標」を検討しこのたびそのガイドラインが完成しましたので、本内容を公表するシンポジウムを開催します。

◆日時◆ 12月9日(木) 13:00~16:30
◆会場◆ 東京ビッグサイト 会議棟6F 605会議室
◆主催◆ (社)未踏科学技術協会 エコマテリアル研究会
◆参加費◆ 10,000円(一般)(エコマテリアル研究会個人会員:2,000円、団体会員:無料)
◆定員◆ 120名 (定員になり次第、締切)
◆お申し込み・お問合せ◆ (社)未踏科学技術協会 エコマテリアル研究会
[PR]
# by kgonta1975 | 2004-11-16 16:40 | 研究関係